マツエクのオイルクレンジング

え?
質問が最初分からなかったので、思わず出たセリフがそれでした。
お姉ちゃん聞いてた?というので、ゴメン聞いてなかったと答えたはいいけど
妹のセリフは合っているか?

もしかしてマツエクって聞いた?というと、そうだけど詳しく教えて!というのです。
まず何を答えればいいか戸惑っていると、簡単に落ちちゃうときはどうするの?と聞いてきます。
付ける話じゃないの?と聞くと、それもそうだというので、生意気!と一括。

でも最近じゃ早くから付けるとか聞いたことはあったけど、それにしても社会人になってすぐです。
会社で話になったらしいのですが、まだ社会人になって日が浅いので、仲良くなったことに感激でした。

やっぱり付けるなら、メイクを落とす時のことも考えるでしょ?というのでまあその通りです。
だったらコレがいいと、マツエク用ノンオイル洗顔の話になったからでした。

付ける方法は若いなら分かるだろうと思っていると、教えてもらったといいます。
合っているか聞かれのでレクチャーすると、何だか嬉しそうにしていました。

社会人なって日が浅くても、仲間入りしたわけね、なんて思いつつ
クレンジングでマツエクが取れたり取れやすくなったりするという話になりました。

どれが1番落ちないでいるか、かえって落ちるクレンジングはどれかなんて話になりました。
そこはさすがに姉の力で、マツエク談話を始めたので、妹は詳しく聞いてきました。

化粧自体の話にもなったので、やっぱりクレンジングは大切だからね、なんて姉の威厳みたいです。
最終的には聞いておいてよかったといわれ、内心聞かなきゃよかったといわれなくてよかったと思いました。