変質した情報

子供の頃、特に小学生高学年~中学生かな、そばかすに悩みましたね。

私はにきびより、そばかすの方が気になってたなあ。

もっとも当時の写真とか見てみると、記憶ほど酷くはないんですけどね。

良い記憶も悪い記憶も、それなりにバイアスかかるのは不思議ですね。

当時私にはネット環境はなくて(親のパソコンではつなげたらしい)、友達の話とか雑誌からの情報源しかありませんでした。

その情報も伝言ゲームみたいに、変質したのも多かったと思う。

「とにかく清潔にしなくちゃいけない」と考えて何回も石鹸で洗ったり、結構温度の高いお湯や、逆に冷水で洗顔したりしてました。

何と言うのかな、いつもと違う特別なことをすれば効果がある、と思い込んでた節があります。

あとは、友達より早く解決法を発見して、皆に教えてやるんだ!とかいう使命感?みたいなものもありました。
今思うと、うへぁ、なんですが、当時は真剣だったなあ。

でも子供のそばかすの原因って、思春期までは遺伝みたいなもので、大人になる頃には消えるんですよねえ。

大人になって出来るそばかすは、また違うものらしい。

まあ、まったく異なる訳じゃないから、共通する部分もあるとは思いますけどね。

今は子供のそばかすの美白方法の情報は簡単に手に入るけど、正しい情報を見極める必要はあります。注意しましょう。